ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 恒例 「福山夏まつり」 2011 二上りおどり大会を取材しました。~

■メイン会場 福山中央公園から商店街の演舞コース
                     (福山市霞町) <188>

 平成23年8月13日~15日まで、ふくやま夏まつりが、ふくやま祭り委員会主催で行なわれました。そのオーブニング。  太鼓の合図で始まります。
福山市のキャラクターと福山市羽田市長の挨拶
 二上りおどり大会 20回出場の中村流やすらぎ会・㈱ウエスギ各代表が市長より感謝状授与
 中央公園には露店が並びました。 二上りおどりの伴奏をされる名奏者方
 江戸中期から福山に伝わる伝統芸能 「二上りおどり」。 県無形民俗文化財、気品と優雅と哀調を含んだ独特のリズムにあわせて踊る。何時見ても心躍る。
 四ツ竹を 「カチャ、カチャ」と打ち鳴らす。三味線や尺八の伴奏に合わせ、揃いの浴衣で踊る人、見る人と心を一つに魅了する。素晴らしいハーモニーを感じました。
中央公園ローズコムより演舞場に練り歩き始める幼稚園児の連
出場20回の中村流やすらぎ会の息の合ったニ上がり踊り連
出場20回の㈱ウエスギの皆さん
「県無形民族文化財二上りおどり保存会」の皆さんのおどり
流石に年期の入った踊り。踊りの所作がなんとも美しい。
 老人大学の皆さん。大勢の参加者に圧倒されました。
 60歳から90歳までの方々です。老人とは見えません。若人よ負けないで!!
 今年4月に開学した 「福山市立大学」 の学生さん。これはまた、若さに溢れリズムもよく合い爽快。現代の若者にも純粋な姿がおどりに現れており嬉しい限りでした。
 伝統をしっかりと継承して下さいね。


 おどりはこの他にも「ひさまつどおり」 「演舞コース」 「きたはまとおり」 「宮通り」 と各企業や保存会の30団体2000人が参加。沿道の声援とともに活気に包まれ踊り歩いた。
 見物人約7万人。
 又福山ホテル支配人会が結成した、飛び入り連も加わり、観光客や親子連れも参加して楽しい雰囲気。参加者も大変楽しんで踊られました。
 是非来年は会場にお出でになり 「夏を彩る 夏まつり」 にご参加ください。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー