ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回はぬまくま文化館「ひな人形展」を取材しました。~

■ぬまくま文化館(枝広邸)「ひな人形展」(福山市沼隈町)<152>

ぬまくま文化館
山南川の橋を渡ると風情豊かな「ぬまくま文化館」
立ち雛
ひな人形展は純日本的な和室に展示してあります。  立ち雛
御殿雛
御殿雛  江戸末期から昭和20年ごろまで 京都、大阪、名古屋といった
       古都文化の残る地域で流行したお雛さま。
ぬまくま文化館では2月13日(土)から3月7日(日)まで、ひな人形展を開催。
市内の民家で大切に所蔵されている雛人形・変り雛や伝統工芸の「つまみ絵」の展示をされています。また、27日より先着300名にあられセットが振舞われます。
 文化館は敷地約壱千五百㎡あります。和室・茶室・調理場・展示室・図書室も備えています。
旧枝広邸は、江戸時代から三代続いた個人開業医の邸宅でした。福山市が買取建替え整備して、地域のコミニティとして利用されています。
 庭が素晴らしく美しいので是非一度ご覧頂きたいと思います。
つまみ絵のお雛様
変り雛
三春人形
ミニチュアドール
とうがらし雛 豚の皮で作っている雛人形
とうがらし雛 。江戸末期から明治初期からあった。 豚の皮で作ってある雛人形
裃雛
裃雛(かみしもびな)  明治から大正時代の作
中庭は素晴らしく整っている。清泉堂を臨む
中庭は素晴らしく整っている。清泉堂を臨む
お茶室の前の庭 お茶室の前の庭
お茶室の前の庭には何かほら穴が見えます。
ほら穴を潜り抜けると清泉堂に出ました。
ほら穴を潜り抜けると清泉堂に出ました。
文化館の川向こうから見た景色
文化館の川向こうから見た景色
文化館の横より 文化館の横より
文化館の横より臨むと、清泉堂がまた品格高い
北方向を臨むと山南川が豊かな気持ちを誘う
北方向を臨むと山南川が豊かな気持ちを誘う
協賛企業 株式会社 中国バス (株)福山臨床検査センター
勉強堂 社会福祉法人 みどりの町
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー