ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は鞆の浦を取材しました。  №1~

■坂本龍馬ゆかりの町&いろは丸・鞆の浦      <149>

鞆の浦湾
NHK大河ドラマ「龍馬伝」 龍馬が活躍した「いろは丸事件」のあった鞆の浦湾
いろは丸 坂本龍馬の銅像
幕末に坂本龍馬率いる海援隊が乗りこんだ「いろは丸」をモデルにして建造した「いろは丸」 いろは丸展示会館での坂本龍馬の銅像 
いろは丸展示館と常夜灯
いろは丸展示館と常夜灯
坂本龍馬や土佐海援隊が乗り組んだいろは丸が、紀州藩の軍艦と鞆沖で衝突で沈没。沈没船の状態など展示。
常夜灯 江戸時代の灯台.高さ11mあり、港の常夜灯としたは日本一。鞆のシンボル
鞆の波止場
鞆の波止場より付近
200㍍ 船着き場の石段
雁木 江戸時代に築かれた船着き場の石段。200㍍もの残っているのはここだけ。
薬味酒・保命酒 重要文化財指定
江戸初期に薬味酒・保命酒の醸造を始められた建造物。国の重要文化財指定。古い町並み
いろは丸展示館  展示場
「鞆の浦」 はJR福山駅から南に14km、バスで30分ほどの沼隈半島の先端にあります。瀬戸内海のほぼ中央に位置し、このあたりで潮の流れが変ることから古来、潮待ち風待ちの港として栄え、歴史的にも興味深い出来事、建造物、伝説などさまざまなものがあり風情のあるところです。
 江戸時代には北前船が往来し商人の町としても栄えたことで商家の名残があります。名所、旧跡、古寺も多く点在し古き善き時代のふるさとを感じさせてくれます。
今回は坂本龍馬ゆかりの所を少し紹介させていただきます。
いろは丸事件談判跡
いろは丸事件談判跡。 お宿屋もしていた商家。坂本龍馬と紀州藩の間で事件の賠償交渉がここで行われた。日本初の海難審判
喫茶室右手の部屋が坂本龍馬と紀州藩と賠償金を巡って談判が行われた部屋
喫茶室右手の部屋が坂本龍馬と紀州藩と賠償金を巡って談判が行われた部屋
坂本龍馬宿泊所跡 江戸時代の廻船問屋・枡屋清右衛門宅
坂本龍馬宿泊所跡   江戸時代の廻船問屋・枡屋清右衛門宅。
いろは丸事件の時、坂本龍馬たち土佐海援隊を支援し、宿舎として提供した。
対潮楼・福禅寺
対潮楼・福禅寺  朝鮮通信使が宿泊した所で、日本で第一番の景勝と賛辞し
「勝形一第東日」 (右より読む)これが対潮楼に飾られている。
対潮楼 むろの木歌碑
むろの木歌碑   対潮楼の下には万葉の歌人、大半旅人が亡き妻を忍んで
詠んだ歌が刻まれている。
対潮楼の大広間より見る「日本一美しい風景」 鞆の浦
対潮楼の大広間より見る「日本一美しい風景」 鞆の浦
鞆の港の風景
鞆の港の風景
鞆の波止場より右上の園福寺・大可島城跡を眺望
鞆の波止場より右上の園福寺・大可島城跡を眺望
協賛企業 株式会社 中国バス (株)福山臨床検査センター
キングパーツ株式会社 笠岡シーサイドモール
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集中 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー